情報革命の真只中、いよいよロボット革命の到来です。当社は社会を良いほうに変革する革命のリーダーを目指します。

WEBのプロフェッショナル集団

新しい先端技術をどんどん使いたい。デザインで世界を創造する。イノベーションをWEB制作で起こしたい。情熱をもって仕事に取り組んでいる。モノ作りは楽しい、時間を忘れて仕事に没頭してしまう。そういったプロの侍集団の集まりです。

サービス

弊社の紹介

弊社は、元々、SEOの専門会社でしたが、WEB制作もすべて自社完結しており、確かなWEB制作の技術とノウハウがございます。ホームページ作成やWEB制作であれば是非、ご相談ください。専門のITコンサルタントがwebサイトの構築、運営、収益化までゼロからクライアント様と共に創り上げ成功へと導きます。数々の成功事例によりそれぞれの進むべき方向性をまず御提案し、成功法則に従い、確実に無駄なくKPI(目標)を達成します。

まずは、webマーケティングによる競合調査、ROI(費用対効果)の算出、最適なWEBページの構成やLP(ランディングページ)、リスティング広告、SEO対策をみすえたWEBサイトの制作設計図をご説明します。

『アドマノさんありがとう・・・。発注してよかったよ』

そんなお言葉をいただけるように、日々頑張っております!

 

サイト制作実績

ホームページ作成×検索上位のSEO対策

SEOに強いホームページ作成を初めからしましょう。

当社は”東京SEOメーカー”というSEO専門事業部がありSEOに関するノウハウがございます。SEO上位表示が可能なweb集客できるホームページ作成の制作が可能です。検索エンジンが読みやすいW3Ⅽに準拠したhtmlコーディングとSEOに必要な内部対策をあらかじめ取り込んだホームページ作成ができます。W3Ⅽとは、世界のweb標準の団体です。W3Ⅽ準拠のhtmlコーディングを行うことで、データの軽量化やアクセシビリティへの取り組みや更新性の向上によりロボットがサーチしやすい、SEOと親和性の高いホームページ作成をすることができます。

なぜ、SEO対策が必要なのか?SEOに強いHPってなに??

初めてホームページ作成をする場合、どうしても見栄えのデザインにばかり目がいってしまいます。よく相談いただくケースですが、ホームページはできたが、社名やサービス名を検索しても全く検索に出てこないのでどうにかしてほしいということです。見栄えはかなりいいのですが、誰にも閲覧されない・・・なんて、全くホームページとして機能してませんよね。検索エンジンに対して、何のコンテンツのHPか簡単な設定もしていない場合もあります。そもそも画像は検索エンジンに認識されないので、画像ばかりのデザインのサイトはロボットに認識されません。画像を使用する場合には、この画像は、どういう画像ですよとロボットに対して説明書きを付け加えなければなりません。最初から検索でホームページを表示させたいキーワードの選定とそれにあったコンテンツのwebサイト制作をしなくてはいけません。最初からSEO対策済みのホームページ作成をすれば、後は、コンテンツの充実と外部リンクの増加により自然と順位が上がっていくので、検索に引っかかるようになります。

 アドマノ株式会社ではwebサイト制作後を見据えた

検索上位のSEO対策 

ホームページ作成

が可能です! この2つを無駄なく同時にやるのです!

ご相談はこちら

webマーケティングについて

WEBマーケティングとは、Webサイトやweb技術を応用したマーケティング手法です。webマーケティングで大事なことは、KPI(目標)を決めてそれに向かって対策をしていくことです。いかにweb集客し、どれくらいのCVR(コンバージョン率)かを計測し、集客方法を検討して最適化を図っていくことです。例えば、ホームページからの資料請求をKPIとして、そのために費用をいくらかけてどうすれば資料請求までいくかを検証しながらより良くしていく。なるべく費用を抑えてKPIに届くにはどうすればいいのか。まず、把握しなければいけないのは、競合する他社の状況。そして自社のホームページの立ち位置と実力です。ROI(費用対効果)を算出するだけでなく最適なWEBページの構成やランディングページの構成、SEO施策に精通している事が重要です。基本となるPDCAを繰り返し、最高のROIを目指します。PDCAにより何を改善して目標に到達できるかWEBマーケターの実力に大いに左右されます。当社では、ゼロからwebサイト構築、web集客、KPIの達成をお約束いたします。                    

ホームページ作成の流れ

ホームページを作る流れを大きく分けると3段階になります。まずは、ホームページを作る前の準備段階です。ここでは、ホームページのコンセプトや掲載すべき情報の収集や分類作業を行います。ここで一通りのサイトマップを作成します。次はホームページの制作段階です。コーディングやシステム開発など実際の制作が行われる段階です。最後に、ホームページの作成が終わり納品を経てホームページを公開した後に行われる保守やメンテナンス作業の段階です。何が必要かを見ていきます。

コンセプト設定

ホームページを作成するときに一番初めに行うのがコンセプトメイキングです。WEBサイトの開設者と制作者が共同でこの作業を行います。ホームページを作成する目的を効果的に実現するために必要な方向付けをコンセプトと呼びます。ホームページを制作することが決まったらテーマやコンテンツ、アクセスしてもらいたいユーザー層、ターゲットの決定やデザインの方向性、サービス機能やコミュニケーション機能などのシステムの決定などたくさんのことをやらなくてはなりません。このサイト全体像を決定していくことをコンセプトメイキングといいます。コンセプト設定があいまいのまま制作が進行してしまうとプロジェクトの内容が後々で本来のものからそれてしまったり、トラブルの要因になりかねません。分析的なアプローチから課題点や問題点が抽出され、ヒアリングによってWEBサイトのサービス像が具体化されると目指すべき方向が決まってきます。これを定義して共有してコンセプトとなります。

ターゲット

ホームページを成功させる重要なポイントとしてターゲットをしっかりと決めることが大切です。自社のサービスや商品を知らしめたい特定の層の事をターゲットと呼びます。全てのユーザーを想定してホームページを作成するより、ターゲットを絞ってホームページ作成をしたほうが成功率が断然違います。年齢、性別、居住地や社会的な属性などによりターゲット像が具体化されコンセプトとして設定されます。ターゲットはWEBサイトに大きな影響を与えます。例えば、ターゲットが男性か女性かでテーマカラーやビジュアルなどデザインの有様がかわってきます。

ペルソナ

ペルソナとは架空の顧客像です。架空のターゲットとなる人物像を作ります。ペルソナを作成して実際にこの人を満足させるWEBサイトはどういうものか、深堀していきます。ペルソナは、マーケティングにおいては、「企業が提供する製品・サービスにとって、もっとも重要で象徴的なユーザーモデル」と定義されています。よって、ペルソナを作成する場合は、氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といったデータと、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などを推測し、あたかも実在するかのような人物像を設定する事です。複数のペルソナを作成し、このターゲットの人々に対するホームページ作成をするとコンセプト決定します。

キーワード選定

ホームページのターゲットが決まったら、どのキーワードでそのターゲット層は検索してWEBサイトを見つけているのか調査する必要があります。Google adwordsなどで月間検索件数が調べられますので、コンバージョン(お問い合わせなど)につながるキーワードをピックアップしていきましょう。ビッグワードは月間検索件数が多く、マーケットも大きいですがその分、競合も多くなります。逆にスモールワードは月間検索件数が少ないがコンバージョン率は上がります。2語以上の複合ワードのスモールワードを対策ワードとしたSEOを意識したホームページ作成をするのも一つの方法です。WEBサイトのキーワード選定とSEOはWEBサイトを作成すれば必ず行わなければならない施策ですので、SEOの情報収集や正しい知識を身につけておきましょう。

ご相談はこちら

 

ホームページ作成から公開まで

WEBサイトを制作するには大まかな流れを知っておく必要があります。特にWEB制作会社に依頼する場合はお互いの役割やスケジュール感を理解しておきましょう。まず、企画設計の段階では、ヒアリングを行い、ヒアリングに基づいてサイトマップの提出や企画提案を受けます。この段階で見積もりももらいます。そしてそれをもとに仕様を決めていきます。金額と仕様のすり合わせを経て発注へと行きます。デザインの提出は発注後だったり発注前に見ることができたり制作会社によって違います。デザインと素材提供が終われば実際にページを制作するコーディングに制作会社は入っていきます。仮ホームページができたら、テスト確認を経て公開へと行きます。公開までのスケジュールをスケジュール表としてWEB制作会社に提出させるのも納期を守らせる点で効果的です。納期までどれくらいかかるか把握して発注したほうのがトラブルが少なく済みます。

ヒアリング

ホームページを作成するのにまずはヒアリングを行います。制作会社にどんなWEBサイトを制作してほしいか伝えます。自社の要望をきちんと伝えてホームページの作成会社とWEBサイトのイメージが共有できれば成功です。WEB制作会社との打ち合わせでは、競合他社のサイト、コンセプト、ペルソナ、キーワードなどできる範囲でまとめておくとスムーズに進みます。WEB制作会社が企画書を作る前のヒアリング段階においても積極的に情報公開をしてアドバイスをもらいながらすすめましょう。この段階でもWEB制作会社ごとの特徴が出てきますので、最低、2,3社の相見積もりを行い、最終的に発注する会社を絞っていくとよいでしょう。

企画提案

企画提案はホームページの作成会社がヒアリングの内容を基に企画書、提案書を作成します。通常、ここまでは無料で対応する制作会社が多いようです。この段階で、見積書も提出してもらうので大体の費用と完成後のWEBサイトがイメージできます。サイトマップの提出とワイヤーフレームという大まかなサイトレイアウトの設計図を提出してもらいます。打ち合わせを重ね、WEBサイトの仕様を決定していきます。ホームページ作成会社の提案力もこの段階で見ていきます。

仕様決定

ヒアリングと企画提案を終え、最終的に仕様書を作成します。仕様書とはWEBサイトを制作する設計図の事です。仕様書で決定したことを発注後、制作中に変更した場合、別途有料になることが多いです。必ず、発注前に何度も仕様書を確認してからゴーサインを出しましょう。この仕様書には、ワイヤーフレームとコンテンツリストなどがあります。ワイヤーフレームとは、ホームページ全体の見取り図です。レイアウトのチェックをします。コンテンツリストとはWEBサイトを作成するためのコンテンツをまとめたリストです。サイトマップでTOPページから、2階層目、3階層目とリンクされるぺージ全てを確認します。仕様書決定後、最終見積もりを出してもらい、発注しましょう。この時に、納品までのスケジュール表も出してもらいましょう。

ご相談はこちら

デザイン制作

ホームページの作成に入る前にデザインカンプを見ることができます。これを見てデザインを決定して実際のコーディング作業に入ります。本当に気に入るデザインを制作会社に伝える事は難しい作業です。気に入っているデザインのWEBサイトを1つでも多く伝えてどの部分が気に入っているかをなるべく具体的に伝える事がデザイン成功のカギです。言葉で伝えるのではなく実際にある画像やサイトデータを見せる方が伝わりやすいです。ある程度のメインカラーを伝えてあとはプロにお任せするほうがデザインで失敗することがないです。細かく要望を出してしまうとデザイン力よりも顧客満足に舵を切られていいデザインに収まることよりもいう事を聞いてくれる制作者になってしまいます。いいデザインを引き出すのも成功するホームページ作成には欠かすことのできないポイントです。

ページ制作

全てのデザイン、仕様書が決まったら、いよいよ制作会社はコーディング作業に入ります。ホームページ作成会社では、WEBデザイナーと別にコーダーがいて、html5~をコーディングしていきます。WEBブラウザに対してHTMLやCSSの言語でどう表示するか指示します。HTMLは情報の記述や文章構造を定義します。CSSではレイアウト、色や体裁を整えるのに記述します。また、javaScriptなどでインタラクティブな機能や動きのある処理を行います。The W3C Markup Validation Serviceでは、コーディングしたhtmlやCSSのエラーや警告をチェックすることができます。きちんとW3Cに準拠したコーディングがされているかこれでチェックできます。

レスポンシブWEBデザイン

レスポンシブWEBデザイン(Responsive Web Design)とは、PC,タブレット、スマートフォンといった画面サイズの異なるデバイスにおいてそれぞれに最適化したサイトを表示する制作方法です。レスポンシブWEBデザインは、各デバイスに最適化されたページを一つのHTMLで実現できて、画面サイズを基準にサイトの切り替えが行われます。Googlehモバイルファーストを推奨し、今後益々スマートフォンユーザーが増えていくのでスマートフォンサイトの制作方法の一つとしてレスポンシブWEBデザインは欠かせない技術です。

システムについて

WEB制作で難しいのはシステムの構築です。多額の費用をかけてオリジナルシステムを構築したは良いが、ほとんど利用していない例も多くあります。オーダーメイドでシステム開発をすると制作代金が高くなりますので制作に入る前にきちんとどういった機能を実装するのかを検討する必要があります。システム開発は、例えば、「お問い合わせフォーム」「ショッピングサイト」「会員登録システム」「CMS」などがあります。弊社では、PHPのシステム開発を得意としています。システムの発注では、制作に入ってからの仕様変更は開発期間がのびるだけでなく思わぬ不具合の原因ともなるので、それを避けるために発注前の仕様書決定までの打合せを何度もしてすり合わせましょう。

ご相談はこちら

テスト確認

一通りのページ制作が終わると実際に各ブラウザでテストを行い全てのブラウザで表示や動作を確認します。最近では、スマートフォンやタブレットに最適化したWEBサイトの制作も多く、PC版、スマホ版、タブレット版のすべてのデバイスとブラウザで問題なく表示しているかをチェックする必要があります。スマートフォン版でフォントが大きく不具合が出るケースなど様々な問題が発生します。納品までにチェックを怠らず隅々まで見ましょう。一般的なテスト項目は、掲載情報の確認、リンクテスト、インタラクティブ要素の動作テスト、環境別表示動作テスト、動的コンテンツの表示テスト、バックエンドシステムの動作テスト、パフォーマンステストがあります。全てのテストで問題なければ、公開へと進みます。

公開

ホームページを公開したら、Google Analyticsなどでサイト訪問者の分析を始めましょう。WEB解析によってWEBサイトに何人のユーザーが訪れているのか、ユーザーはどこのサイトを経由して訪問したのか検索サイトから訪問があった場合、どのキーワードで検索していたのか、どのデバイスで閲覧されたのかなデータを細かくとることができます。こうしたデータを蓄積して公開後さらにサイトをよくするためにPDCAを繰り返しましょう。WEB解析では、主に、アクセス数、ページビュー数、セッション数、コンバージョン率、直帰率などデータが取れます。特に離脱ページと離脱の直帰率を分析して改善を図っていかなくてはいけません。直帰率を減らすことがコンバージョンや収益に影響を大きく与えます。

保守・メンティナンス

WEBサイトを公開したもののそのまま放置して終わってしまうケースも中にはあります。WEBサイトは常に更新して生きた情報を発信し続けるサイトがGoogleからも高い評価を受けます。制作段階に慎重にチェックしていても、公開後に情報の間違いやリンク切れが見つかることもあります。メンティナンス作業は情報の新規公開やリンク切れなどの不具合の修正を行います。また、SEOやSEMなどの広告と連動した保守やサイト更新がサイトの成長には必要です。サイトのアクセス分析データも参考に少しずつでもWEBサイトをよくしていきましょう。

SSL

インターネット上のセキュリティー対策として広く使われているのがSSLです。通常、データ通信はデータがそのままパケットデータとして転送されるので盗み見されるリスクがあります。SSL化するとデータを暗号化でき、情報漏えいを防ぐことができます。SSLによる暗号化通信は「https://」で始まるURLを使います。Googleでは、2014年にWEBサイト全体を常時SSL化してセキュリティを強化することを推奨しています。SSL化は大事な情報の漏えいを防ぐだけでなく、検索上位表示にもいい影響を与えますのでできれば対策をして方がよいです。SSLの実装は、サーバにより異なりますがCSRというサーバー証明書を作成し、CA証明書をサーバーにインストールすると暗号化された通信を正しく行うことができます。

個人情報保護法

ホームページを作成したら”個人情報保護方針について”などのページを用意してユーザーがすぐにみられる状態にしておきましょう。個人情報取り扱い事業者の義務として、個人情報データの利用目的や苦情の申立先などについて開示する必要があります。必ず個人情報保護のページを作成して問い合わせ先を明記しておきましょう。また、個人情報の漏えいリスクを減らすためにサーバー上に個人情報データを保存しないようにすることが大事です。また、ショッピングサイトなどの場合は特に個人情報の入力が必要になるのでデータの管理は特に注意が必要です。クレジットカードによる決済を導入する場合は注意が必要です。WEB上でカード情報を入力してもらう必要がありますがカード情報の漏えいは被害が甚大であるため、基本的にはカード情報を保存する必要がないようなサイト制作をしましょう。

特定商取引法について

インターネット上で通信販売を行う場合は特定商取引法を表記して守る必要があります。特定商取引法は、訪問販売や通信販売など消費者とのトラブルを生じやすい取引形態を対象にルールを定めていて、販売業者が行うインターネット上の電子商取引、いわゆるeコマースは特定商取引法の対象となります。事業者の名称、住所、販売価格、代金の支払い方法など規定された意向をホームページに表示する義務があります。特にショッピングサイトでは必ずこのページを設けて特定商取引に関する法律に基づく表示を行いましょう。

copyright表記

copyright表記はページの一番下のフッター部分に表記します。WEBサイトも著作物なのでcopyright表記で著作物保護を表記しています。日本では、著作権表示されていなくても著作物の著作権は自動的に発生しほごされますので例え、表記がなくても著作物は保護されているので問題はありません。copyright表記の方法も様々ですが特にこれでないとだめだという基準はありません。念のため、copyright表記はしておきましょう。

サーバー

ホームページを公開するにはWEBサーバーが必要になります。WEBサーバーにデータが保存されていてWEBブラウザにURLを入力するとそのURLの情報から特定のWEBサーバーにある当該ページのデータを参照します。WEBサーバーはそのリクエストに応じた処理を行い、必要なデータを読みだしてブラウザに送り返す役目を果たします。一般的な運用形態はレンタルサーバーを契約して借りることです。レンタルサーバーには専用サーバーや共用サーバーがあります。サーバーを選ぶ時にはサーバー容量と料金を確認しましょう。また、サーバーによってPHPなどのプログラムやデータベースが機能的に動作するか否か違うので確認が必要です。また、SSLが使えるかどうかもレンタルサーバーのプランによって異なりますので事前に仕様をしっかりと確認しましょう。

ブラウザ

ホームページを閲覧するソフトとしてWEBBブラウザがありますが、ブラウザによってレイアウトや表示のされ方が違うのでホームページを作成したら全てのブラウザで問題なく表示されているかチェックが必要です。比較的シェアの多いブラウザとして、Internet Explorer(IE)、Firefox、Google Chrome、Safari、Operaがあります。またそれぞれのブラウザも色々なバージョンがるのでその種類はたくさんあります。ホームページ作成会社では、見積の際に保証ブラウザの表記があります。保証したブラウザで問題なく動けば納品といった形になります。古いブラウザでは新しい技術の繁栄ができないケースが多くあります。

ご相談はこちら