企業イメージやここの製品をプロモーションするために、企画された様々なプログラム。過剰な企業広告に食傷気味な現在の消費者は企業が直接消費者に訴えかける広告よりも、マスコミの報道などを通じたPRの方が信じる傾向がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。