事業を4つのタイプに分けて戦略策定のための分析を行うツール。縦軸(市場の成長率)と横軸(自社の事業のシェア)により4つのセルに分かれており、それぞれ右上から反時計回りに「問題児(高成長市場を対象にしているが、相対的市場シェアが低い事業)」、「花形(高成長市場における市場リーダーもしくは2番手)」、「金のなる木(成長の鈍化した市場でも最大のシェアを維持している事業)」、「負け犬(低成長市場で市場シェアの低い事業)」と名付けられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。