消費者の記憶の中にある様々なタイプのブランド連想の反映。ブランド連想には大きく分けて「属性」「ベネフィット」「パーソナリティ」の3つに分類することができる。ブランドイメージはこうしたタイプのブランド連想が消費者の頭の中で価値あるものとして認識された時、ブランドを真に強いブランド力のあるものに変える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。