文字通り、ブランドの資産価値を乱す考え方。デヴィッド・A・アーカーによれば、「ブランドの名前あシンボルと結びついたブランドの資産あるいは不在の集合であり、製品やサービスの価値を増大させるもの」と定義され、ブランド認知、知覚品質、ブランド連想(ブランドイメージ)、ブランドロイヤリティの4つの尺度にグループ分けが可能であるとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。