SEOを意識したウェブサイトを作成するには、ユーザーにも検索エンジンにも分かりやすいサイトを作ることが何よりも大切になります。サイト構造というのは、ウエブサイトの内容を分類して階層構造で整理したものです。

PCのフォルダ階層といったものだといえます。PCのフォルダというのは入れ子構造になっています。作成したフォルダをまとまり事になっていて、その内に更に任意のフォルダを複数作成することが可能となります。けれど、PCのフォルダを整理できているかといえば、そうではないかと思います。

写真のフォルダを作っても、その中には行事や日付、ジャンルなどといったように様々なことを軸としてフォルダを作ってしまい、あとでなかなか見つからないということも珍しくありません。カテゴライズをキレイにするというのは、ウェブサイトの階層構造とういのは、図書館のようにジャンルやテーマごとに分類・ラベリングして陳列するようなものです。

各ジャンルもさらに細かく分類されています。関係のないような書籍がバラバラに陳列されていたら、どこに目的の書籍がどこにあるかわからないと思います。図書館だったらこれをユーザーが探している本を見つけやすくするために、こういった分類の基準を採用いているといいます。

これはウエブサイトと同じ考え方といえます。ウエブサイトというのは、ユーザーが情報を探す場所です。ですから、図書館のようにきちんと分類していなければなりません。ウエブサイトは適切にカテゴライズされていると、ユーザーも簡単に目的のものを見つけることができます。ウエブサイトでは、ユーザーや検索エンジンがページを理解しやすいようなラベリングも大切です。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts