既にGoogleは検索ユーザーの主流がモバイル端末へ移行していることを踏まえ、「MFI(モハイルファーストインデックス)」を表明しています。

これは、スニペットに表示される「ディスクリプション(description)」も例外ではありません。

 

一般的に、重要キーワードを50文字程度以内、文章全体でも110文字程度以内に収まるよう文章を作り上げていく必要があります。

それ以降の文章は省略されてしまう可能性が高くなるからです。

とすれば、どんなに重要キーワードがうまく選定できても、後半にもってきては意味がありません。

 

普通の文章作成でよく言われる「起承転結」は、descriptionには当てはまりません。

まずは重要ポイントを先に掲げるような文章構成が求められます。

 

それでは逆に、短ければいいかというと、それもまたGoogleから指摘を受ける場合もあるようです。

短かすぎず長すぎずという微妙な文章が必要になってきます。

ただ、短いよりは多少長くてもいいとも言われていますが、それでも110文字以内に収めるに越したことはなさそうです。

 

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

 

Related Posts