最近のネットユーザーに、ありがちなことの一つに、長い文章を読みたがらないと言ったような傾向もあるようです。実際に Twitter などの文字数を見ていると、ほんのわずかな単語や、フレーズで、その時の状況や気持ちを表していることが多いのではないでしょうか。ネットユーザーが、長文を読みたがらないというのは、多くの情報を時間をかけずに、得たいというような気持ちもあるのかもしれません。

実際には、現代社会を反映してるとも言えるでしょう。時間をかけずに、多くのことを知るには、インターネットをや Web 情報は、大変有利でありますですから、皆さんがウェブサイトを運営する中でのコンテンツにも言えることですが、ユーザー達の気持ちを、引きつけておくには、やはり魅力的な文章力というものが必要と言えるのではないでしょうか。

実際に、ウェブサイトを運営してみると、コンテンツなどを作り込むことは簡単なことではありませんし、文章を書き込むことに関しても、様々な情報をリサーチする中で、その検証なども行っていかないと、信憑性は出てきません。ですから、つい他のサイトからコンテンツをコピーして掲載したくなるのですが、著作権の侵害などに至りますので、どうぞ皆さんもお気を付けください。

「引用」という形で、文章を借りてくるのであれば、そのようなルールをきちんと守りましょう。ネットユーザーが、情報を読みたがらないというような傾向を踏まえて、皆さんのウェブサイトのレイアウトにおいても、記事の内容をざっくり読めるような形にしておくのも良いかもしれません。ある程度見出し部分だけを表示して、さらに読み進めたい人は、この先は、クリックを押すことでその後の詳細部分に進めるといったようなスタイルは、最近、多くのサイト上で見かけることができるのではないでしょうか。

インターネット上に散りばめられた膨大な情報を、視覚的に処理していくには、このような形でユーザーに、記事の重量を選択していただくというようなレイアウトもシンプルで良いかもしれませんね。記事やニュースの一部分だけが表示され、興味を持ったユーザーが、そこからさらに詳細記事まで入り込んでいくというスタイルは、現在の人々のニーズや心情を表すコンテンツレイアウトなのかもしれませんね 。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts