ホームページ制作時、デザインにおいて必要な要素と言えば、ずばり「サイトの目的」です。この部分を明確にしておかなければ、それをどう表現するべきかということに進めないと言えます。目的が曖昧だったり、焦点がズレているという場合、こちらが伝えたい事を閲覧者に伝えることができない危険性があるのではないでしょうか。

また、ネットユーザーの立場に立って、そちら側の目的というのも考えておかなければ、ユーザーがどんな目的を達成したくて訪問したのか、また、達成できたと感じられたのかという部分すら曖昧になってしまいます。

 

デザインの段階で多く問題になっている点は、他にも、情報をどのように提供していくかということと、閲覧者とのコミュニケーションをどう取っていくかということが挙げられます。情報を提供するためには、集めた情報集を分類し、整理していくことで情報の組み立て方をまとめ、構造を作っていくという作業が重要となるのではないでしょうか。

これを怠ってしまうと、サイトの構造はおろか、ナビゲーションシステムといったものにまで影響を与える危険性があるため、サイトデザインの際に、しっかりと取り決めておくことが大切です。

 

ネット上で情報提供を行う時には、文字だけでなく、画像や映像、音楽といったさまざまな媒体が考えられます。それらのどれを選択すべきかという点は、閲覧者とどのようなコミュニケーションが必要かで変わってくるでしょう。

また、問い合わせなども、コンタクトフォーム、メール、掲示板といったようなさまざまな展開が考えられ、ウェブデザインにはコミュニケーションデザインも含まれています。

 

 

基本のサイト構築

ホームページ作成にあたり、サイトを構築する基本的な枠組みというのは、どのジャンルもある程度共通のものと言えます。

しかし、サイトジャンルによってデザインのカスタマイズをはかったり、そのままテンプレートを使用するのではなく、サイトの個性を活かしたものに変更したりと、パッケージの場合は自由度が低くなってしまうものの、作成上での工夫は充分にできるのではないでしょうか。

 

もしどのようなサイトを作成してよいか分からないのであれば、ホームページ制作専門の会社に相談してみるのがよいでしょう。今ならネット上のメールや電話で相談から制作依頼・納品まで完了できるところも多くあるので、気軽に相談しやすいはずです。

また全国には多くの制作会社がありますので、「顔を合わせずにメールなどだけではちょっと……やはり対面で相談するほうが安心」という方はお近くの制作会社を調べてみてはいかがでしょうか。

例えば札幌でホームページ制作をお考えであれば、ディーエーオーをおすすめします。多種多様なニーズに対応すべく、ホームページ制作のプランを用意しているとのことなので、どんなホームページを作りたいかという具体的なイメージが固まり切っていない方でも、お近くにいらっしゃるのであれば、とりあえず相談してみてもよいかもしれません。

 

 

サーバーに関しては、全て自社のドメインで統一が可能であり、コンテンツページやショッピングページといった別々のものを、同一サーバーで運営が可能とされています。

 

例として、ECサイト構築の場合を考えてみたいと思います。ECサイトは基本的にショッピングモールサーバーやドメインを使用することが多いはずです。そしてサイトを作成した後は、集客こそがサイト運営の本領発揮とも言える段階であり、収益に直接結びつく要素となります。

ショッピングモールサーバーを利用する場合、ショッピングモール自体の集客に便乗できる可能性もあり、イベントやセールなどというように様々な形で宣伝代行もしてくれるかもしれません。しかし、基本的には自社で行う必要があると理解しておくと良いでしょう。

 

次に重要なのが、商品管理でしょう。高機能で高性能な商品管理データベースを標準装備しているシステムであれば楽ではありますが、贅沢を言えば受注システム機能、受注フォームのテンプレートやショッピングカートなどが標準装備されているものを選ぶと尚良いでしょう。

決済については会社によって様々と言えますが、近年では多くのネットショップでカード決済が採用されています。これに加え、カードを持っていない人・カード以外の手段を希望する人に対し、コンビニ支払いなどの決済手段を付加していくと良いでしょう。どのような商品を扱っているかにもよりますが、基本的に閲覧者が気持ちよく購買意欲を満たすサイトを作っていけることが望ましいのです。

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

 

Related Posts