ディープラーニングのコア技術とも言われるシステムはPaaS(Software as a Service)です。多角的にさまざまな業種の経営課題が解決できるプラッ卜フォームが開発されても、ディープラーニングという技術が日本にまだ普及しておらず、かつ具体的な活用事例が共有できなかったことでなかなか企業への実装が進みませんでした。

そこでコンビニをはじめ多くの小売店で、POSシステムを使い、レジで、購買につながったお客様の人数、商品名、個数、売上などのデータを把握していました。しかし、来店したお客様の人数がわからなかったり(購買率が不明)、購入者の年代層もわからないという状況でした。

POSレジでは、お客様の顔を見ながら「10代、20代、30代……」ように見た目で推測しているにすぎませんから、小売店で取っているPOSデータが、本来なら最も大切な購入客の属性さえ、正確ではなかったことに気づき、小売・流通業界に特化したSaaS(Software as a Service)型のシステムを開発したAI企業もありました。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts