ホームページ作成やWEBサイト制作では、制作後の運用、収益化を踏まえたSEO対策で対策済みの内部構築を行っています。クオリティの高い好みにマッチしたデザインが可能です。最近では、パソコンサイトやスマートフォンサイト、あらゆるタブレット端末に対応したレスポンシブwebデザインがおすすめです。

スポンシブwebデザインとは・・・・

レスポンシブwebデザイン

パソコン、スマートフォン、タブレットのサイトが一つのhtmlコーディングで制作が可能です。別々にサイト制作が必要ありません!

ブラウザーのスクリーンサイズを基準にCSS3でレイアウトを調整する事でデバイスごとにwebサイトを用意することなく全てのスクリーンに対応したwebサイトを制作できます。

PCサイトとスマホサイトを別々に持っているwebサイトの場合、サーバー側で、この人はパソコンで閲覧しているから、パソコン用のHTMLを表示する、この人はiPhoneで閲覧しているからスマホ用のHTMLを表示する、といったように複数のHTMLを割り振っています。これに対して、レスポンシブwebデザインでは、ひとつのHTMLとブラウザの横幅サイズを判断基準にして、CSSを切り替えている手法なので、URLが一つで全てのデバイスで表示ができる優れものです。

【レスポンシブwebデザインのメリット】

  • 1つのHTML(ワンソース)で制作できる。
  • SEOに有効(Googleは、レスポンシブWebデザインを推奨している➡ロボットがよみやすい)
  • URLが一つでシェアしやすい。
  • 別々にwebサイト制作をするより安いケースがある。

【レスポンシブwebデザインのデメリット】

  • PC用画像の負担でスマホで閲覧した時のスピードが遅い場合がある
  • スマホサイトやタブレットであえてPCサイトが見たい場合でも見ることができない。

スマートフォンサイト制作

スマホサイト制作では、既存のホームページがスマホ用ページを持っていないため、スマホ最適化が必要な場合に、スマホ対応の制作を行います。また、ゼロからスマホサイト制作をする場合もあると思います。スマートフォンに搭載されたブラウザは、HTML5やCSS3といった最新の技術をサポートしており、HTML5、CSS3という最新の記述方法を利用することが可能です。既存のwebサイトをスマホ最適化する場合、基本的にはPCサイトと同じデザインで制作します。PCサイトでは画像で作っていたボタンをスマホ対応では、CSS3でコーディングし、ファイルのサイズを軽量化したり、テキスト部分のリンクを逆にボタンに変更したりスマートフォンでの閲覧をスムーズにできるようにデザイン対応します。

【ホームページをスマホ最適化するメリット】

  • PC閲覧者よりスマホ閲覧者のが多い
  • スマートフォンユーザーは、ネット利用率が高い
  • スマホ最適化されたホームページなら、ユーザーがストレスを感じずにネットサーフィンできる
  • 移動中や外出中でもサイトがスムーズに閲覧可能になる

ご相談はこちら

 

ランディングページ制作プラン

ランディングページとは、主にPPC広告のアドワーズやヤフーリスティングを出稿し、ユーザーが検索ワードで検索し、表示されたテキスト広告をクリックして最初にたどり着くページをランディングページと呼びます。クリック先をホームページのトップページに設定しているケースも多く、その場合、サイトからの離脱率がランディングページにたどり着いた時より悪いです。コンバージョン率(問い合わせや資料請求までいく確率)を上げるためにランディングページはかかせないものとなっています。さらに、ただ単にランディングページデザインを良いものにすればいいのではなく、コンバージョン率を高めるランディングページ制作にもノウハウがあります。

  • コンバージョン率アップのためのウェブコンサル
  • ランディングページ制作
  • お問合わせフォーム付き(メール受付)
  • 申込ボタン
  • サーバー、ドメイン費込み
  • HTML5、CSS3
  • Javascript, JQuery

PPC広告のランディングページは、最低でもlpデザインが違うランディングページを2つ制作してほしい。例えば、1つメインのものを作り、それの部分修正であれば、例え、2パターン作ったとしても料金は少し安くなる。パターンの違うlpをテストすることにより、よりコンバージョン率の高いランディングページはどういうものかが見えてきます。ランディングページ制作の前にも必要なのがwebマーケティングです。どのキーワードでコンバージョンを狙っていくか、キーワードを決めてから、そのキーワードが入ったテキストを使ったランディングページ作成をする必要があります。

“LP”(ランディングページ)の重要性

リスティング広告でコンバージョン率を高めるのに重要な事はユーザーがリスティング広告をクリックして飛んだページがどこであるかが重要になってきます。一番やりがちで多いのはサイトのTOPページに飛ばすということです。この場合、リスティング広告でターゲティングし、絞られたユーザーがせっかく訪れても、興味のあるページに飛ばず、サイトのTOPページに飛んでしまう事で直帰率が高まり、離脱が多くなります。そこで、リスティング広告をクリックしたユーザーをすぐに問い合わせや申し込みに誘導する為に専門ページが必要になってきます。専門ページをランディングページ(LP)と呼びます。このLPもデザインと内容でコンバージョン率が大いに異なるので、何パターンかのLPを製作し、スプリットランテスト(A/Bテスト)を繰り返す必要があります。

コンバージョン率を上げる為のLPのスプリットランテスト

“ポイント”

  1. リスティング広告のキーワードと同じキーワードでLPを製作する。
  2. セグメントした内容と同じ内容の専門LPを製作する。
  3. デザインは、ターゲットに合わせた雰囲気のカラー、レイアウトにする。
  4. 離脱しない様に1ページで必ず申込フォームをつける。
  5. 最低2パターンのレイアウト、デザインでスプリットランテストをして、コンバージョンがいい方を残す。(CVR向上を目指す。)

スプリットランテストによるLP善し悪し

  1. 時間差ABテスト・・・『A』『B』それぞれ同じ条件の同じ日数を決め『A』『B』の効果を比較する。
  2. 同時ABテスト・・・・・『A』『B』両方をランダムに表示させて効果を比較

“改善例”

  1. キャッチを変更
  2. 説明テキスト追加
  3. 画像変更
  4. 口コミ文章追加
  5. レイアウト変更
  6. 申込フォーム変更
  7. 価格を変更(表示/非表示)

リスティング広告でコンバージョン率を高めるのに重要な事はユーザーがリスティング広告をクリックして飛んだページがどこであるかが重要になってきます。一番やりがちで多いのはサイトのTOPページに飛ばすということです。この場合、リスティング広告でターゲティングし、絞られたユーザーがせっかく訪れても、興味のあるページに飛ばず、サイトのTOPページに飛んでしまう事で直帰率が高まり、離脱が多くなります。そこで、リスティング広告をクリックしたユーザーをすぐに問い合わせや申し込みに誘導する為に専門ページが必要になってきます。専門ページをランディングページ(LP)と呼びます。このLPもデザインと内容でコンバージョン率が大いに異なるので、何パターンかのLPを製作し、スプリットランテスト(A/Bテスト)を繰り返す必要があります。

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts