皆さんがサイト運営をする中で、成果を上げるためには、様々なお客様のニーズや、価値観といったようなものを、リサーチしなくてはならないかもしれません。お客様が、商品購入を行う際に必ず行なっている、「比較対象を探す」などと呼ばれる 行動パターンは皆さんのプロデュースする商品と、似通った商品を、他のサイトから探し出し、そこから価格や性能などを比較していくことで、どちらの製品を購入しようかといったような選択枠を広げていくような行動が見られるようです。

ですから、皆さんが製品をサイト上でプロモーションする中で、必ずライバル社との比較がお客様によってされているというようなことをイメージングしなくてはならないでしょう。

皆さん自身も、似たような形で、おそらくサイト上でなくとも、百貨店や、デパートなどで、商品を購入する際には、類似品を探し出し、その中からスタイルや、素材、価格なども含めて、全てを比較しながら、その選択を行っているはずです。

比較対象を探し出すことで、その製品のメリットと、デメリットが、分かりやすくなり、皆さん自身も、商品を購入する決定打を見つけやすくなるのではないでしょうか。

また、検索エンジンなどで、表示される検索結果の順位なども、皆さんのウェブサイトが、表示される順位の前後にはライバルなどの競合する商品が隣接しているかもしれません。そのような形でライバルの存在を確かめながら、商品との差別化を図ってみたり、ライバル商品のリサーチから、皆さん等の開発する製品にとって不十分な点などが見つかるかもしれませんね。

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

 

Related Posts