競合他社や競合ブランドに対して独自の優位性を保つために必要不可欠なもの。逆に言えば、自社の戦略が競合と同じであれば、それはマーケティング戦略がないということになる。マーケティング戦略は、自社の提供する価値と標的市場の求める価値をマッチングする手段を示したものだと言える。

市場において企業が利益を上げられるような顧客ニーズが存在している分野。フィリップコトラーは「機会はその魅力度と成功確率によって分類するコトができる」と言い、成功確率は当該事業の強みがターゲット市場における成功条件と合致しているだけでなく、競合他社を上回っているかどうかによって変化するとしている。

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

 

Related Posts