日本では保険業界、金融業界を主体としてRPA導入が盛んになってきたと言われています。この二つの業界の特徴として、書類を中心とした情報処理が業務のほとんどを占めているため、バックオフィス業務というものが膨大であるという点が挙げられるでしょう。その上、繊細で複雑な作業が多いため、費用対効果という点から考えて「システム化」という選択肢を儲けることも難しい業務とされていたようです。

その結果、ほとんどの業務を人の手でこなさなければならないことになり、そこの業務に多くの人材を配置しなければ業務が進まない状態と言えました。こう言った煩雑で細かい事務作業の効率化を可能にしたのがRPAという存在では無いでしょうか。

膨大かつ複雑な処理の上、ミスが許されないような業界では、RPAの導入により人為的ミスといったものの防止にも効果を発揮してくれるでしょう。また、RPAというのは、状況を判断する基準というものをあらかじめ定義しておくことにより、人が業務を行う時間よりもかなり速い処理が可能となり、今まででは人が行うしか無いと考えられていた条件分岐というものもルール化によって可能になったと言えるでしょう。

RPA導入を進めることで、今まで厄介だった数々の情報処理といった事務作業が自動化され、人材の再配分ということが可能になり、人件費削減といった点でもメリットが得られるのでは無いでしょうか。

上記二つの業界で挙げた成功モデルを基点とし、以降それ以外での業界でもRPAの導入が進められているようです。業界により取り扱いの情報の種類は違っているとしても、事務作業として情報処理という基本的な内容には大きな差がないため、他の業界での適用も簡単であり、その結果、RPAが普及するきっかけとなったと言えるでしょう。

RPA市場の調査を見ると、規模は年々増えており、今後も継続して導入が見込まれるのではないかと予想されているようです。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts