ホワイトカラーの業務を自動化するソフトであるRPAは大変有用ですが、メリットとデメリットがあります。メリットは、人間が単純作業から解放され、人件費を削減できるという点です。RPAは24時間働いてくれますし、ミスも犯しません。

一方、デメリットは、最初の設定に制約されるという点です。RPAを運用し始める時、人間の手で作業タスクを設定するわけですが、このタスクのルーティンが止まらないとも限りません。イレギュラーな事象が発生すると、最初の設定が無駄になってしまうのです。またRPAの作動領域は広いため、作業主を人間に戻したいと思っても、簡単に変えることが出来ません。

以上のようなデメリットも踏まえた上で、RPAを有効活用すべきでしょう。活用例をもう少し具体的に見ていくと、例えばデータ入力、データチェック、データ集約、労務管理等はRPAの得意分野です。また、AIの運用に欠かせない教師データの収集も、RPAに任せることが出来ます。RPAの導入は、仕事の削減だけでなく、社員の意識変革にも繋がります。

人間だけで作業すると、工程、工数が見え辛くなりますが、RPAに任せれば、一目瞭然です。作業のフローが可視化されることで、社員が業務を客観的に捉えることが出来るようになり、延いては効率を高める意識が芽生えてきます。

RPAにはデメリットもあると述べましたが、筆者はそれでも導入を強くお勧めします。特に大企業の場合、優秀な人材を単純作業から解放してあげるべきです。彼らはイノベーションを創出したり、ディスラプターと闘ったりすることにやりがいを感じるはずです。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts