日本は、世界の中でダントツに高齢化が進行している国であると言われています。それにより、最も心配な事態というのは、将来の労働人口が減少してしまうということではないでしょうか。働き手の減少というのは、産業そのものの活力を丸ごと低くしてしまうという危険性もあり、不足していく労働力を補うためには、外国人労働者や高齢者の採用だけでは追いつけなくなるとも言われているようです。

これまでにも、製造やサービス業といったものを含む「産業」では、強く生産性の向上に力を入れてきたと言えるでしょう。そして、その都度、多くの技術の革新や導入により、生産性は確実に上昇してきたと言えるでしょう。しかし、事務管理やサービス業が中心とされるホワイトカラーと呼ばれる現場では、この生産性の向上に遅れをとっているというのも事実でしょう。

この事実を前に、近年よく耳にするのが「働き方改革」というものではないでしょうか。ホワイトカラーの現場で必要とされる知的作業は、取り扱う情報量が膨大で、処理過程が細かいという点が、生産性向上を確実に妨げている原因と言えるでしょう。

これは、情報技術の開発が進むことで、処理する情報ソースが増大し、より複雑な計算や判断を行わなければならないことから、処理しても処理しても終わらないといった負の連鎖に陥っているからと言えるでしょう。

そこで、RPAを導入することにより、大量の情報に基づく複雑計算などの処理を自動化するといった企業が多くなっているようです。今まで手を取られていた業務をロボットに任せ、人はそれに則した決定事項の意思表示や計画などの業務へと切り替えることが可能になったと言えるでしょう。

高度な業務だけに徹することで、生産性の向上を可能にし、労働者の減少問題というものも解決してくれる糸口となるのがRPAと言えるのではないでしょうか。

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

Related Posts