ウェブサイトのコンテンツであるテキストや写真は、制作者が納得できるものを厳選して掲載するべきです。コンテンツがつまらなければ、どんなに優れたデザインのサイトであっても、閲覧者の心を掴むことはできません。

制作者自身がコンテンツを作れる場合は問題ありませんが、難しい時は信用できる同僚や外注先に依頼します。その場合でも、受け取った作品は制作者が検閲してから載せることが重要です。アウトソーシングを1から調べるのは時間が掛かりますから、評判の良い外注先を予め選定し、そこに依頼すると良いでしょう。

 

さて、コンテンツを充実させられたら、今度はファーストインプレッションに問題が無いかを確認します。大抵のサイトは初見の数秒で評価されているのが実情です。ですからファーストインプレッションが悪ければ、そのユーザーに留まってもらうことは期待できません。裏を返せば、数秒以上引き留めれば、そのままアクセスし続けてもらえる可能性が一気に高まるのです。

そのためには基本的には無難なレイアウトを使用し、トップページに運営元情報や商品情報、誘導先を目立つように配置することが欠かせません。まず候補に入れてほしいのは、画像と簡単なキャッチコピーの合わせ技です。この組み合わせはシンプルながら非常に訴求力が高く、期待することが出来ます。

但し、その組み合わせから目的のページにすぐたどり着けるようなサイト構成も必要になります。纏めると、一目でサービス元の情報とターゲット層、商品情報、独自性が分かるサイトは訴求力が高く、結果的に長居してもらえます。絶対に避けたいのは、何が目的なのかが分からないサイトです。デザインだけは抜群であっても、「何を売っているか?」「何を伝えたいのか?」が分からなければ意味がありません。

 

 

ご相談はこちら

WEB制作なら東京のアドマノ株式会社のTOPへ戻る

 

Related Posts