1件の重大災害の裏には29件のかすり傷程度の刑災害があり、その裏には怪我はないがひやっとした300件の体験があるというもの。1:29:300の法則とも呼ばれている。米国のハインリッヒ氏が労働災害の発生確率を分析したもので、保険会社の経営に役立てられている。現在はビジネスにおける失敗発生率としても活用されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。