パレートの法則

全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の8割を占めるという法則。イタリアの経済学者パレートが発見した所得分布の経験則で、別名、2:8の法則ともいう。

現在では他の様々な現象にも適用できると考えられ、全商品の20%が80%の売り上げを作る。全顧客の20%が全体売り上げの80%をしめる。100のアリのうち、よく働くのは2割だけ、税金を納める上位20%が税金総額の80%を負担している。など、様々なところで使われている。

 

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら