マーケティングマイオピア(近視眼的マーケティング)

1960年刊行のハーバード・ビジネス・レビューでセオドア・レビッと教授が用いた言葉でそれまでの欧米企業で支配的な考えであったものつくり絶対主義をやめて顧客満足追求を目的とするマーケティングを中心に企業は活動するべきであるという主張。

この主張はマーケティング市場、コペルニクス的展開となり、ものすごい勢いで人気を博したが、実際に企業が製造からマーケティングで企業活動の中心を写したのは1980年に入ってからだった。

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら