イノベーター理論

●イノベーター理論とは                                                                                                             戻る≫

スタンフォード大学のベレット・M・ロジャース教授が提唱したもので消費者の商品購入に対する態度を5つのタイプに分類したもの。

新しい商品に対する購入の早い順から

  1. イノベーター=革新的採用者(2.5%)
  2. オピニオンリーダー(アーリー・アドプター)=初期少人数採用者(13.5%)
  3. アーリーマジョリティ=初期多数採用者(34%)
  4. レイトマジョリティ=後期多数採用者(34%)
  5. ラガード=伝統主義者(または採用遅滞者)(16%)の5つに分けられる。

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら