コミュニケーション

いわゆるマケティングコミュニケーションとして連想される広告、ダイレクト、マーケティング、PRなどだけをさす言葉ではない。需要と供給のバランスにより、消費者の力が強くなった現在のマーケティング環境においてはコミュニケーションという言葉はより広い範囲で適用するべき言葉。顧客との直接的、間接的な接点の全てを企業はマーケティング、コミュニケーションとして捉える必要がある。

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら