ブランドパーソナリティ

ブランドを人間に対するのと同様に、「現代的だ」とか「古めかしい」とか「活発である」などと評価することができるように、ブランドも人間同様にパーソナリティ特性を持つ必要がある。例えば、ブランドパーソナリティが先進的な、だけだった場合に、顧客が求める信頼感や安心感などが得られにくい時は、誠実な、だとか、有能な、といった別のパーソナリティを同時に持つことによって、顧客が信頼感や安心感を受けるようにフォローする必要がある。

 

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら