AIDMA(アイドマ)の法則

●AIDMA(アイドマ)の法則                                     戻る≫

attention(注意)、interest(関心)、desire(欲求)、memory(記憶)、Action(行動)の頭文字をとったもので、アメリカのローランドホールが提唱した消費行動のプロセスに関する仮説。

消費者があるものを知り、それから合うという行動に至るまでのプロセスであり、コミュニケションに対する反応プロセスでもある。

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら