LCA

ライフサイクル・アセスメントのことで、一つの製品の原料が採掘される段階から製造、輸送、使用、破棄されるすべての段階において環境への影響を蛹化する方法のこと。製造段階ではエネルギー使用長も少なく、廃棄物が少ない製品であっても、消費者が使用するときに大量のエネルギーを使い、多くのCO2を排出しては環境負荷を減らすことにはつながらない。環境保全を考える上で製品のライフサイクルを通して環境に与える負荷を評価し、削減していく必要があるという考えからLCAは効果的な評価方法といえる。

 

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら