ビオトーブ

もともとはドイツ語の造語で「生き物の住む空間」という意味で野生生物が共存している生態系、生息空間のこと。近年では人工的に植物や魚、昆虫が共存する空間として作り出したものをビオトーブと呼ぶことが多くなった。小学校の敷地の一部をビオトーブにし、子供達が自然とふれあう場として利用されたり、企業が工場周辺にビオトーブを作るなど環境保全活動の一つとして活用される例も増えている。

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら