アクセシビリティ用語

・アクセシビリティ

インターネットにおいては年齢、国籍、障害、その他のいかなる要因にもかかわらず誰でもコンピュータにアクセスでき、その利点を活用できることを表す。バリアフリー、ユニバーサルアクセスという言葉でも表現される。アクセシビリティを考慮したサイトを構築することは同時に健常者にとってもより使いやすいサイトを構築することを意味する。

 

・ウェブコンテンツJIS

正式には「高齢者、障害者等、配慮設計指針ー情報通信における聞き、ソフトウェア、サービスー第3部:ウェブコンテンツ」という。2004年6月20日にJIS X8341-3として制定。この「高齢者、障害者等配慮設計指針」は3部構成で、第一部:共通指針(JIS X8341-3:2004)からなる。主な内容としては高齢者や障害者(一時的障害者含む)のウェブ利用においてウェブアクセシビリティを高めるためにウェブ制作者が配慮しなければならない事項について指針として規定されている。

 

・音声ブラウザ

またはテキストブラウザともいうが、これはウェブサイトに表示される内容を読み上げるソフトを指す。読み上げはページの上から下の順に行われるので、読み上げに配慮したレイアウトでないと、内容を生各区に把握することが困難になるため、レイアウト作成時には注意が必要である。なお、現在は、Windowsを対象とした音声ブラウザが主流となっている。

 

・キャプション

聴覚による情報をテキストによって提供する手段で、聴覚障害者やサイトで使用されている言語を母国語としない人たちにとって大変有益である。また、騒音のある環境や逆に騒音を避けなければならない環境で使用している人たちにもとても有益なものとなる。

 

・言語障害

言語の理解を制限する認知障害の種類を指し、失読症、発声障害などがある。ウェブにおいては、複雑な言語の使用を避けることや、視認性、可読性を高めるなどで言語障害を持つユーザーのアクセス性が向上する。

 

・高齢者

日本国内でも65歳以上の人口は、総人口の18%を超え、今後も増え続けることが予測されており、また、高齢者によるインターネットアクセスも増加している。高齢者層はアクセシビリティ配慮の際に考慮される必要のあるユーザーグループと言える。

 

・国際化

ウェブにおいては、言語の異なる他国の使用者に対し、ウェブサイトを設計、修正することを意味する。その主な手段としては、グローバル化、他言語によるインターフェイス、ローカライゼーション、がある。グローバル化は、単一言語によって作られたサイトのインターフェイスを他言語のユーザーに対し、アクセシブルにすることを指し、他言語によるインンターフェイストは、他言語による表示オプションを設けることを指す。ローカライゼーションは言語のほか、地域特有の設定や風習を利用することでカスタマイズすることを指す。

 

・視覚障害

寂し、色盲、盲目を含む障害の総称。寂しのユーザーはテキストや画像を拡大する機能が必要で、見やすい視覚的コントラストへの配慮が必要になる。盲目のユーザーは視覚に頼らない手段でコンピュータにアクセスするため、スクリーンリーダーや点字表示装置を使用する必要がある。

 

・色盲、色覚障害

特定の色を認識できない状態を指し、赤緑色盲が最も多い症状で、日本国内では男性の約5%が女性の約0.4%が何らかの色覚異常を有するとされている。

 

・弱視

制限された視界を持つ状態で近視、斜視、乱視などを含む。大きめの文字や画像、画面拡大用具などを使うことで軽減される。

 

・スクリーンリーダー

コンピュータ画面を読み上げるプログラムで、視覚障害を持つ人に対し、画面に表示されるテキストのみならず。メニューアイコンなど、画面上のすべての情報を読み上げる。読み上げのほか、展示で表示することも可能である。

 

・第508条

米国リハビリテーション法、第508条では、連邦政府に対するITアクセシビリティのガイドラインを定義しており、連邦政府が調達、使用、あるいは一般市民に対し、提供する情報、サービスは障害を有する政府職員、一般市民が障害をもたない人と同等にアクセスできなければならないと規定している。

 

・WAI

web accessibility initiativeの略。世界各国のほかの組織との研究開発を通じてウェブアクセシビリティを追求している組織。ウェブアクセシビリティに関する基準、WCAGを提案している。

 

・W3C

world wide web consortiumの略。ウェブの可能性を最大限に引き出すための技術開発を行っている国際団体で、1994年にアメリカMITにおいて設立された。ウェブの信頼せやユニバーサルアクセスの達成を目的としていることから、ウェブアクセシビリティに関するガイドラインを提唱しているWAIは特に有名。日本におけるアクセシビリティ認知が少しずつ高まりつつある昨今、W3Cの提案するガイドラインが参照される機会も増えてきている。

 

・知的障害

思考、論理能力における制限により、その人の作業可能な範囲が影響を受けることを指す。例えば、注意散漫や失読症など、その症状は非常に多岐にわたるため、ウェブのようなインターフェイス上における最も有益な解決法というものも一つには限定できないが、一般的なユーザービリティの向上やアクセシビリティへの配慮は効果的であるとされている。

 

・聴覚障害

難聴及び聾啞を指す。難聴を持つユーザーにとっては音量をコントロールすることやヘッドホンを接続し、かつスピーカーの位置や角度を調整できる出力装置を使用することでコンピュータを使うことができる。また、ろうあ者にとっては音声出力をコントロールできることと、代替手段による情報提供など、音声以外の方法での情報を収集が可能である必要がある。

 

 

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら