“LP”(ランディングページ)の重要性

リスティング広告でコンバージョン率を高めるのに重要な事はユーザーがリスティング広告をクリックして飛んだページがどこであるかが重要になってきます。一番やりがちで多いのはサイトのTOPページに飛ばすということです。この場合、リスティング広告でターゲティングし、絞られたユーザーがせっかく訪れても、興味のあるページに飛ばず、サイトのTOPページに飛んでしまう事で直帰率が高まり、離脱が多くなります。そこで、リスティング広告をクリックしたユーザーをすぐに問い合わせや申し込みに誘導する為に専門ページが必要になってきます。専門ページをランディングページ(LP)と呼びます。このLPもデザインと内容でコンバージョン率が大いに異なるので、何パターンかのLPを製作し、スプリットランテスト(A/Bテスト)を繰り返す必要があります。

コンバージョン率を上げる為のLPのスプリットランテスト

“ポイント”

  1. リスティング広告のキーワードと同じキーワードでLPを製作する。
  2. セグメントした内容と同じ内容の専門LPを製作する。
  3. デザインは、ターゲットに合わせた雰囲気のカラー、レイアウトにする。
  4. 離脱しない様に1ページで必ず申込フォームをつける。
  5. 最低2パターンのレイアウト、デザインでスプリットランテストをして、コンバージョンがいい方を残す。(CVR向上を目指す。)

スプリットランテストによるLP善し悪し

  1. 時間差ABテスト・・・『A』『B』それぞれ同じ条件の同じ日数を決め『A』『B』の効果を比較する。
  2. 同時ABテスト・・・・・『A』『B』両方をランダムに表示させて効果を比較

“改善例”

  1. キャッチを変更
  2. 説明テキスト追加
  3. 画像変更
  4. 口コミ文章追加
  5. レイアウト変更
  6. 申込フォーム変更
  7. 価格を変更(表示/非表示)

リスティング広告でコンバージョン率を高めるのに重要な事はユーザーがリスティング広告をクリックして飛んだページがどこであるかが重要になってきます。一番やりがちで多いのはサイトのTOPページに飛ばすということです。この場合、リスティング広告でターゲティングし、絞られたユーザーがせっかく訪れても、興味のあるページに飛ばず、サイトのTOPページに飛んでしまう事で直帰率が高まり、離脱が多くなります。そこで、リスティング広告をクリックしたユーザーをすぐに問い合わせや申し込みに誘導する為に専門ページが必要になってきます。専門ページをランディングページ(LP)と呼びます。このLPもデザインと内容でコンバージョン率が大いに異なるので、何パターンかのLPを製作し、スプリットランテスト(A/Bテスト)を繰り返す必要があります。

ご相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。