セキュリティ対策

●SSL

インターネット上のセキュリティ対策として広く使われているのはSSL(Secure Socket Layer)です。SSLとは、データを暗号化して通信する方法の一つです。例え、盗み見されても暗号化することにより、解読されずに情報漏えいを防ぐことができます。

通常ブラウザ上でWEBサイトを閲覧する場合は、(http:// )で始まるURLですが、SSLによる暗号化通信の場合は、(https:// )で始まるURLを用います。

●サーバーのセキュリティ

SSLで、暗号化されたデータを送受信しても、サーバーサイドで暗号化されずにデータを保存しているとサーバーから情報漏えいを招いてしまうことがあります。サーバー側も基本的なセキュリティ対策が必要です。

ホームページ作成のWEB制作会社のTOPへ戻る

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら