Flashが Animate CCに

Flash ProfessionalがAdobe Animate CCになりました。進化を続けるWeb標準への対応がスタンダードに(との事です。)

最先端の描画ツールによりインタラクティブなアニメーションをデザインし、Flash/AIR、HTML5 Canvas、WebGL、カスタムプラットフォームなど複数のプラットフォーム向けに配信できるので、すべてのデスクトップやモバイルデバイスのユーザーにリーチできます。<参照adobe>

なにやら、大きく変わったように感じますが、名前が変わった程度のようです・・・・。flash professionalとAnimate ccの互換性はあるようです。直接javascriptやHTML5をコーディングできるので便利です。

最近のホームページ制作では、jQueryでの動画制作が多く、FLASH  での制作は減ってきていましたが、HTML5とJavascriptと併用してAnimate ccが増えるかもしれません・・・・。ケースバイケースですが。SEOにも大丈夫そうです。

ホームページ作成のWEB制作会社のTOPへ戻る

webマーケティング一社完結 お申し込みはこちら